福祉医療センター名古屋市厚生院 厚生院に関するお問い合わせはこちらまで 電話052-704-2211

福祉医療センター 名古屋市厚生院 →HOME
看護部について 看護部Q&A

Q.どんな看護がなされていますか

 一般外来がなく、平均在院日数が40~50日と長く、急性期の病院と違い比較的ゆっくりとした雰囲気があります。そこの中で、高齢者の方の頭の先から爪の先までの細やかなケアが行われています。
 また厚生院全体で行われるレクリエーションに参加したり、また療養型病棟ではスタッフが工夫して、楽しみながらレクリエーションを行っています。

Q.職場の雰囲気はどうですか

 スタッフの構成は、新卒の人から50代後半の人まで、さまざまです。
 その中でお互いの年代の持ち味を活かしながら、和気あいあいとアットホームな雰囲気です。

Q.看護技術に不安がありますが

 一人に一人のプリセプターが付き、ゆっくりとその方に合わせて指導していきます。急性期の病院では不安という方も安心して勤務していただけます。
 また研修も段階を追ったプログラムに基づき進めています。

Q.看護体制はどうなっていますか

 診療報酬上の看護体制は15:1ですが、これは平均在院日数が長いためであり、実際の看護師配置は9:1程度です。
 また固定チーム継続受け持ち制を採っており、受け持ち患者さんを持ちつつ、チームで支え合っています。

Q.教育支援体制はどうなっていますか

 「高齢者看護のプロ」を目指すということで、院内研修プログラムを組んでいます。またそのほかさまざまな院外で行われる研修に出張参加の機会があります。
 看護協会で行われる研修のほかにも、ケアマネージャーの受験研修や、レスピレータの研修、また長期の研修では臨地実習指導者研修などがあります。認定看護師の研修も受講可能です。

Q.長く働き続けられる職場ですか

 働きやすい職場といえます。それは離職率に現れており、当院の離職率は毎年4%程度です(定年退職を除く)。
 比較的ゆったりとしており超過勤務が少ないということだと思います。家庭を持っている人は半数以上を占め、さまざまな制度を利用し(福利厚生の項参照)、子育て中の人もたくさんいます。

区切り線 ページTOPへ